オカルト

師匠シリーズ 猫

ホラー・オカルト

師匠シリーズ 猫

師匠シリーズ 猫 「代償は、払ったろ」 ウニ 大学3回生の春だった。 正確に言うと、2回生が終わり、3回生の最初の授業を迎える前の、短い春休み中のことだ。 そのころ俺のオカルト道の師匠は、知らない間に ...

師匠シリーズ 砂場

ホラー・オカルト

師匠シリーズ 砂場

師匠シリーズ 砂場 「先輩は、子どもが埋められていて、自力で這い出してきたと想像している」 その日僕は、地元のオカルトフォーラム、『灰の夜明け』の飲み会に参加していた。本当によくオフ会のある集まりだ。 ...

師匠シリーズ 馬霊刀4/4

ホラー・オカルト

師匠シリーズ 馬霊刀4/4

師匠シリーズ 馬霊刀4/4 「あのジジイは、わたしを抱いて、死んだババアの名前を呻いて果てるやつだぞ」 4 馬霊刀 喫茶店を出たあとで、僕らは留置所に拘留中の緒方に面会を求めた。雑貨店の事件のあと病院 ...

師匠シリーズ 馬霊刀3/4

ホラー・オカルト

師匠シリーズ 馬霊刀3/4

師匠シリーズ 馬霊刀3/4 「僕は言葉を選ぶ余裕がなくなりつつあった。この女は、おかしい。普通の神経ではない。」 3 犬神人 鳥井家の敷地を出たあと、師匠は興奮気味に言った。 「おい。あのじじい、なに ...

師匠シリーズ 馬霊刀2/4

ホラー・オカルト

師匠シリーズ 馬霊刀2/4

師匠シリーズ 馬霊刀2/4 「イヌジニ、じゃないんだ。そいつは、イヌジニン、って言ったんだよ」 2 弓使い それから1週間ほどは、なにごともなかった。 小川調査事務所の師匠を名指しした依頼は、特になか ...

師匠シリーズ 馬霊刀1/4

ホラー・オカルト

師匠シリーズ 馬霊刀1/4

師匠シリーズ 馬霊刀 「イヌジニ、じゃないんだ。そいつは、イヌジニン、って言ったんだよ」 0 喫茶店 『服部調査事務所』と書かれたドアに背を向けて、狭い階段を下りていく。 目の前で師匠の頭が揺れている ...

見えない男

ホラー・オカルト

見えない男

師匠シリーズ 見えない男 「性的なサブリミナル効果を利用して、戦略的に子どもを引きつけてるんだって」 1回の秋だった。 「黒い手」の一件以来、ときどき覗いていた都市伝説などを語るサイト『ピーチロア』で ...

師匠シリーズ 誕生日

ホラー・オカルト

師匠シリーズ 誕生日

師匠シリーズ 誕生日 「40人のクラスで同じ誕生日の人がいる確率は、約89%もあるんだ」 異聞 その教師は私立の中学校で数学を教えていた。 その年は、1年生のうちA組からF組の6クラスを担当していた。 ...

師匠シリーズ 握手 後編

ホラー・オカルト

師匠シリーズ 握手 後編

師匠シリーズ 握手 後編 「これ? 霊験あらたかな、由緒正しい、呪いの面だよ。持ち主が次々死んだっていういわくつきの」 真夜中の教育学部の学部棟の屋上で『妖精』と出会った、その次の日だ。 僕は昼間にそ ...

師匠シリーズ 握手 中編

ホラー・オカルト

師匠シリーズ 握手 中編

師匠シリーズ 握手 中編 「お前の言う、『黒いもの』もその1つだ。害のないものならいいけど、放っておくと危ないものもある」 それから数日、僕は大学の新入生としての日々を緊張気味に送りながら、ずっと考え ...

Copyright© シャカニセッポウ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.