師匠シリーズ

師匠シリーズ 血 前編「お前は命知らずだな。あいつにだけは近づかないほうがいい」

師匠シリーズ第24夜 血 前編
「お前は命知らずだな。あいつにだけは近づかないほうがいい」

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?131

428 :血   前編:2006/06/03(土) 12:12:03 ID:3rNkYIQb0
大学1回生のとき、オカルト道を突き進んでいた俺には師匠がいた。
ただの怖い物好きとは一線を画す、得体の知れない雰囲気を持った男だった。
その師匠とは別に、自分を別の世界に触れさせてくれる人がいた。
オカルト系のネット仲間で、オフでも会う仲の『京介』さんといいう女性だ。
どちらも俺とは住む世界が違うように思える凄い人だった。
師匠のカノジョも同じネット仲間だったので、その彼女を通じて面識があるのかと思っていたが、
京介さんは師匠を知らないという。
俺はその二人を会わせたらどういう化学反応を起こすのか見てみたかった。
そこであるとき、師匠に京介さんのことを話してみた。「会ってみませんか」と。
師匠は腕組みをしたまま唸ったあとで、
「最近付き合いが悪いと思ってたら、浮気してたのか」
そんな嫉妬されても困る。
が、「黒魔術に首をつっこむとろくなことがないよ」と諭された。
ネットでは黒魔術系のフォーラムにいたのだった。

429 :血   前編:2006/06/03(土) 12:12:36 ID:3rNkYIQb0
「どんなことをしてるのか」と問われて、「あんまり黒魔術っぽいことはしてませんが」と答えていると、
あるエピソードに食いついてきた。
京介さんの母校である地元の女子高に潜入したときの出来事だったが、その女子高の名前に反応したのだった。
「待った、その女の名前は?京子とか、ちひろとかいう名前じゃない?」
そういえば、京介というハンドルネームしか知らない。
話を聞くと、師匠が大学に入ったばかりのころ、
同じ市内にある女子高校で、新聞沙汰になる猟奇的な事件があったそうだ。
女子生徒が重度の貧血で救急車で搬送されたのであるが、
「同級生に血を吸われた」と証言して、地元の新聞がそれに食いつき、ちょっとした騒ぎになった。
その後、警察は自殺未遂と発表し、事件自体は尻切れのような形で沈静化した。
しかしそのあと、二人の女子生徒が密かに停学処分になっているという。
「当時、僕ら地元のオカルトマニアには、この事件はホットだった。○○高のヴァンパイアってね。
たしか校内で流行ってた占いの秘密サークルがからんでて、停学になったのはそのリーダー格の二人。
どっかで得た情報ではそんな名前だった」

430 :血   前編:2006/06/03(土) 12:14:09 ID:3rNkYIQb0
吸血鬼っていまどき。俺は師匠には申し訳ないが腹を抱えた。
「笑いごとじゃない。その女には近づかないほうがいい」
思いもかけない真剣な顔で迫られた。
「でも京介さんがその停学になった人とは限らないし」
俺はあくまで一歩引いて流そうとしていた。
しかし、『京子』という名前が妙に頭の隅に残ったのだった。

地元の大学ということもあってか、その女子高出身の人が俺の周辺には結構いた。
同じ学科の先輩でその女子高OBの人がいたので、わざわざ話を聞きに行った。
やはり、自分でもかなり気になっていたらしい。
「京子さん?もちろん知ってる。私の1コ上。そうそう、停学になってた。
なんとか京子と、山中ちひろ。占いとか言って、血を吸ってたらしい。
うわー、きしょい。二人とも頭おかしいんだって。
とくに京子さんの方は、名前を口に出しただけで呪われるとかって、下級生にも噂があったくらい。
えーと、そうそう、間崎京子。ギャ、言っちゃった」

432 :血   前編:2006/06/03(土) 12:16:30 ID:3rNkYIQb0
その先輩に、『京子』さんと同学年という人を二人紹介してもらった。
二人とも他学部だったが、学内の喫茶店とサークルの部室に乗りこんで話を聞いた。
「京子さん?あの人はヤバイよ。悪魔を呼び出すとか言って、へんな儀式とかしてたらしい。
高校生がそこまでするかってくらいイッちゃってた。
最初は占いとか好きな取り巻きが結構いたけど、最後はその京子さんとちひろさんしかいなくなってた。
卒業して外に出たって話は聞かないから、案外まだ市内にいるんじゃない?なにしてるんだか知らないけど」
「その名前は出さないほうがいいですよ。いや、ホント。ふざけて陰口叩いてて、事故にあった子結構いたし。
ホントですよ。え?そうそう。ショートで背が高かったなあ。
顔はね、きれいだったけど・・・近寄りがたくて、彼氏なんかいなさそうだった」

話を聞いた帰り道、ガムを踏んだ。
嫌な予感がする。
高校時代から怪我人が出るような『遊び』をしていたという、『京介』さんの話と合致する。
山中ちひろというのは、京介さんが親しかったという黒魔術系サークルのリーダー格の女性ではないだろうか。
間崎京子。頭の中でその言葉が回った。

433 :血   前編:2006/06/03(土) 12:17:25 ID:3rNkYIQb0
それから数日、ネットには繋がなかった。
なんとなく京介さんと会話するのが怖かった。ギクシャクしてしまいそうで。
ある意味、そんな京介さんもオッケー!という自分もいる。
別に取って食われるわけではあるまい。面白そうではないか。
しかし、「近づくな」と短期間に4人から言われると、ちょっと警戒してしまうのも事実だった。

そんな問題を先送りにしただけの日々を送っていたある日、道を歩いているとガムを踏んだ。
歩道の端にこすりつけていると、そのとき不思議なことが起こった。
一瞬あたりが暗くなり、すぐにまた明るくなったのだ。
雲の下に入ったとか、そんな暗さではなかった。一瞬だが、真っ暗といっていい。
しばらくその場で固まっていると、また同じことが起こった。
パッパッと周囲が明滅したのだ。
まるでゆっくりまばたきした時のようのようだった。
しかしもちろん、自分がしたまばたきに驚くようなバカではない。
怖くなってその場を離れた。

434 :血   前編:2006/06/03(土) 12:18:46 ID:3rNkYIQb0
次は家で歯磨きをしているときだった。
パチ、パチ、と2回、暗闇に視界がシャットダウンされた。
驚いて口の中のものを飲んでしまった。

そんなことが数日続き、ノイローゼ気味になった俺は師匠に泣きついた。
師匠は開口一番、「だから言ったのに」。
そんなこと言われても。なにがなんだか。
「その女のことを嗅ぎ回ったから、向こうに気づかれたんだ。『それ』はあきらかにまばたきだよ」
どういうことだろう?
「霊視ってあるよね?
霊視されている人間の目の前に、霊視している人間の顔が浮かぶっていう話、聞いたことない?
それとはちょっと違うけど、そのまばたきは『見ている側』のまばたきだと思う」
そんなバカな。
「見られてるっていうんですか」
「その女はヤバイ。なんとかした方がいい」
「なんとかなんて、どうしたらいいんですか」
師匠は「謝りに行ってきたら?」と、他人事まるだしの口調で言った。
「ついて来て下さいよ」と泣きついたが、相手にされない。
「怖いんですか」と伝家の宝刀を抜いたが、「女は怖い」の一言でかわされてしまった。

435 :血   前編:2006/06/03(土) 12:20:14 ID:3rNkYIQb0
京介さんのマンションへ向かう途中、俺は悲壮な覚悟で夜道を歩いていた。
自転車がパンクしたのだった。偶然のような気がしない。
またガムを踏んだ。
偶然のような気がしないのだ。
地面に靴をこすりつけようとして、ふと靴の裏を見てみた。
心臓が止まりそうになった。
なにもついていなかった!ガムどころか泥も汚れもなにも。
では、あの足の裏を引っ張られる感覚は一体なに?
『京子』さんのことを嗅ぎ回るようになってから、やたら踏むようになったガムは、
もしかしてすべてガムではなかったのだろうか?
立ち止まった俺を、俺のではないまばたきが襲った。
上から閉じていく世界のその先端に、一瞬、ほんの一瞬、黒く長いものが見えた気がした。
睫毛?
そう思ったとき、俺は駆け出した。
勘弁してください!そう心の中で叫びながらマンションへ走った。

436 :血   前編ラスト:2006/06/03(土) 12:21:43 ID:3rNkYIQb0
チャイムを鳴らしたあと、「うーい」というだるそうな声とともにドアが開いた。
「すみませんでした!」
京介さんは俺を見下ろしてすぐにしゃがんだ。
「なんでいきなり土下座なんだ。まあとにかく入れ」と言って部屋に上がらされた。

俺は半泣きで謝罪の言葉を口にして、今までのことを話したはずだが、あまり覚えていない。
俺の要領を得ない話を聞き終わったあと、
京介さんはため息をついてジーンズのポケットをごそごそと探り、財布から自動二輪の免許書を取り出した。
『山中ちひろ』
そう書いてあった。
俺は間抜け面で、「だ、だって、背が高くてショートで・・・」と言ったが、
「私は高校のときはずっとロングだ。バカか」と言われた。
じゃあ、間崎京子というのは・・・
「お前は命知らずだな。あいつにだけは近づかないほうがいい」
どこかホッとして、そしてすぐに鳥肌が立った。

-師匠シリーズ
-, , , , ,

Copyright© シャカニセッポウ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.